東京23区損益分岐家賃を平均家賃と比較

 先日「東京23区の平均想定売上と損益分岐家賃」という記事を出したところ、好評でしたので、その時に出した損益分岐家賃を23区のワンルーム・1K・1DKの平均家賃と比較してみました。平均家賃のデータは、株式会社ネクストの運営する「HOME'S」のサイトの「ワンルーム・1K・1DK」のデータを利用しました。

 前回も申し上げましたが、元々乱暴な平均値を、ワンルーム・1K・1DKに絞った平均家賃と比較しますので、相当乱暴な比較になっており、あくまで一つの目安として使って頂くことをご理解頂ければ幸いです。

 

 さて、今回の対比上、損益分岐家賃が平均家賃を上回ったのは6区でした。

 順位 区  損益分岐家賃 平均家賃 想定利益  想定利益/家賃
 1位 世田谷区  91,016円  80,000円 11,016円 13.77%
 2位 中野区   81,582円  74,800円  6,782円  9.07%
 3位 渋谷区  112,968円 104,800円  8,168円  7.79%
 4位 中央区  106,721円 104,500円  2,221円  2.13%
 5位 豊島区   79,146円  78,600円   546円  0.70%
 6位 新宿区   88,397円  88,000円   394円  0.45%

 

 以下は、全てマイナスになっており、平均値で月3万円以上の損失の生まれる区が3区ありました。下位の区では、家賃の安い物件を借りられるか、稼働率を上げられる仕組みを作るか、双方を組み合わせるか、何かをしないと利益を出しにくいと思います。

 

 順位 区  損益分岐家賃 平均家賃 想定利益  想定利益/家賃
21位 墨田区  51,724円  82,100円 -30,376円 -37.00%
22位 荒川区  40,539円  73,200円 -32,661円 -44.62%
23位 北区   33,018円  73,800円 -40,782円 -55.26%

 

 なお、以上は代行会社を使った場合であり、代行会社を使っていなければ、マイナスでない区も北区以外は利益が出ました。

 今回も詳細データは、Facebook内のグループ「民泊ビジネス研究会」のみで公開させて頂きます。